スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

は~るよ、来い♪

雪が溶けて川になって 流れてゆきます
つくしの子がはずかしげに 顔を出します
もうすぐ春ですね ちょっと気取ってみませんか
風が吹いて暖かさを 運んで来ました
どこかの子が隣りの子を 迎えに来ました
もうすぐ春ですね 彼を誘ってみませんか
泣いてばかりいたって 幸福(しあわせ)は来ないから
重いコート脱いで 出かけませんか
もうすぐ春ですね 恋をしてみませんか

『春一番』より



3月ってもうすぐ春がやって来る
なんだかうれしい季節
(だって自分の誕生日ももうすぐだし・・・

3月は別れ季節そして4月は出会いの季節でもあるので
ちょっぴり寂しく、そしてちょっぴりうれしい~

本州だともう梅が咲いていたりするんでしょうが
北海道のこの季節は、寒暖をくりかえしながら
もうすぐ春がやってきますよ~と空気が知らせてくれます

今日は、雪が降りましたが、暖かいので(3℃くらいですが)
きっとすぐ解けてしまいますね

『は~やく来い来い、春よ、来い




光のステージに向けての楽天ブログ『Blessing☆』はこちらから↓
http://plaza.rakuten.co.jp/lightbird/

ヒーリングスペースBirdでは貴方の心に癒しを与えるお手伝いを
させて頂いております。
どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

ヒーリングスペースBird(セラピープランはこちら↓)
http://mentaltherapyai.blog97.fc2.com/blog-category-9.html



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
今日のつれづれ | コメント(0) | 2010/03/05 12:00

神様からの手紙



今日届いた素敵なニュースをご紹介します。




例え動物であっても、ペットは今や家族同然の存在と感じる人も多い時代。しかし、人間よりも寿命の短い動物を飼い始めたら、いずれ訪れる永遠の別れは定められた宿命でもある。大人でさえ、その悲しみからうつ状態に陥る人もいるペットとの別れ。そんな時、周囲の人の手助けがあれば、前向きな気持ちになれるのかもしれない。

米国の4歳の女の子が愛犬の死を受けて、神様に手紙を送ったという話が米ニュースサイトのニュースバインで紹介された。このエピソードに感動した読者からは、多くのコメントが寄せられている。


このエピソードは、女の子の母親から送られてきたメールを見た記者が「伝えずにはいられない」と思い、紹介したもの。それによると、この母親の家ではアビーという14歳になるメス犬を飼っていたが、先月、病気で亡くなってしまったそうだ。ずっと一緒に生活を送っていた4歳の娘メレディスちゃんは涙を流し、「どんなに寂しいか」を母親に訴えていたという。

そして、アビーへの愛情を忘れられないメレディスちゃんは、母親にこんなことを言った。「神様に手紙を書いたら、アビーが天国に着いたとき、神様はちゃんと『アビーだ』ってわかってくれるかな」。母親はメレディスちゃんが話す言葉を書き留め、手紙をしたためた。

その中身は「神様、アビーがいなくなり、とても寂しいです。どうか天国でアビーと遊んであげてください。アビーはボール遊びと泳ぐのが好きです。神様がアビーを見つけたとき、すぐに私の犬だと分かるように、写真を送ります」という内容。幼いメレディスちゃんの精一杯の愛情が込められた手紙だ。

手紙と写真を入れた封筒には「天国の神様」とあて名が書かれ、ポストに投函された。手紙が届いたか心配する娘に、母親は「きっと届いたよ」と励ましていたそう。すると10月27日、家の玄関前に金の紙で包まれた「メレディスへ」という小包が置かれていた。中には「ペットが死んだ時」という本。そして、そこには“神様からの手紙”が添えられていた。

「親愛なるメレディス。アビーは天国につきました。写真が入っていたので、すぐにアビーと分かりましたよ。もうアビーは病気ではありません。アビーはあなたと居るのが好きでした。天国では体を必要としないので、写真を入れておくポケットがありません。だから、あなたがアビーを思い出せるように、この本と一緒に写真を返します。素晴らしい手紙をありがとう。それから、手紙を書くのを手伝ってくれたお母さんにお礼を言ってください」

ニュースバインの記事の最後は「誰が答えたかは分かっていません。でも、米国郵便公社の配達できない手紙を扱う部署には、美しい魂があります」と結ばれ、読者からは「少女とこの犬との愛情を超えるものはない」「返事を書いた人がとても素晴らしい」「記事を伝えてくれてありがとう。泣きながら読み返してる」など、賛辞の声が多々寄せられている。


Flower1-003.jpg



ココロセラピーLotusでは貴方の心に癒しを与えるお手伝いを
させて頂いております。
どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

ココロセラピーLotus(セラピープランはこちら↓)

http://mentaltherapyai.blog97.fc2.com/blog-category-2.html



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
今日のつれづれ | コメント(0) | 2009/11/01 20:02

自分に振り返ってみる

日常に埋もれてしまうと
そのことを忘れ、本当の自分を
知ることすらできなくなってしまう。


自分が本当に求めているもの何か?
自分にとって大事なことは何か?
自分のいるべき場所はどこか?


気が付けば毎日の生活に追われて
今年も半年が過ぎている

こんな風に歳だけを知らない間に
重ねてはいないだろうか。

過ぎた時間を取り戻すことはできないけれど
明日を想像することはできると思う。

ふと自分のあり方を見直すの事を日常の生活に
取り入れてみることで自分自身を振り返ってみるのもいいかも。



090628_1319~01


ココロセラピーLotusでは貴方の心に癒しを与えるお手伝いを
させて頂いております。
どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。


ココロセラピーLotus(セラピープランはこちら↓)

http://mentaltherapyai.blog97.fc2.com/blog-category-2.html



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
今日のつれづれ | コメント(0) | 2009/06/28 23:22

「貧者の天使」マザー・テレサ

ノーベル平和賞受賞者であり、ローマ・カトリック教会の修道会
 「神の愛の宣教者会」の創設者、マザー・テレサが亡くなって
 十年を迎えたが、ここにきてマザー・テレサの生前の
 書簡内容が明らかになったそうです。

 それによると、コルカタで死に行く貧者の救済に生涯をささげた
 マザー・テレサが「神の沈黙と不在」に絶望し、
 「孤独な日々」を過ごしていたことが浮き彫りになっている。
 「貧者の天使」と呼ばれたマザー・テレサの告白は世界に
 大きな衝撃を投げ掛けているのだとか・・・

 内容は
 その修道女テレサが亡くなって五日で十年目を迎えたが、
 それに先立ち、テレサの生前の書簡内容が明らかになった。
 それによると、修道女テレサは
 
 「私はイエスを探すが見いだせず、
  イエスの声を求めるが、聞けない」
  
 「自分の中の神は空虚だ」
 
 「神は自分を望んでいない」
 
 といった苦悶を告白し、
 
 「自分は孤独であり、暗闇の中に生きている」
 
 と嘆いている。

 「貧者の天使」の告白に衝撃を受けた西側メディアは
 
 「テレサ、信仰への懐疑」などとセンセーショナルな
 
 見出しを付けて報じた。
 彼女は生前、その書簡を燃やしてほしいと願っていたが、
 どのような経緯からか燃やされず、
 このように彼女の内面の声が明らかになったわけだ。

 マザー・テレサの告白で彼女の神聖に疑問を投げ掛けることは、
 もちろんできない。
 しかし、修道女テレサの苦悩が、「神の不在」に関する
 現代キリスト教神学の不十分さを痛感させる一方、
 結婚と家庭を断念して修道院で神を求める信仰生活が神の願いで
 あるか、という問い掛けを内包していることだけは確かだろう。


マザーテレサほどの人物でさえ、
神はいないと絶望し、
孤独を感じることがあるというのは
私は、人として不思議なことではないと思います。

聖人として祀りあげられた人だから
そうあっては欲しくないと言う周りの感情や希望に
苦悩していたのは、彼女自身なのかもしれないですね。

信仰は時として人を救うこともあるでしょう。
でも、その信仰心故、様々な心の葛藤も起こるのでしょう。


下のマザーテレサの言葉は人に伝えると共に
自分自身への言葉であったのでしょうね

人は不合理、非論理、利己的です
気にすることなく、人を愛しなさい

あなたが善を行うと、
利己的な目的でそれをしたと言われるでしょう
気にすることなく、善を行いなさい

目的を達しようとするとき、
邪魔立てする人に出会うでしょう
気にすることなく、やり遂げなさい

善い行いをしても、
おそらく次の日には忘れられるでしょう
気にすることなく、し続けなさい

あなたの正直さと誠実さとが、あなたを傷つけるでしょう
気にすることなく、正直で誠実であり続けなさい

あなたが作り上げたものが、壊されるでしょう
気にすることなく、作り続けなさい

助けた相手から、恩知らずの仕打ちを受けるでしょう
気にすることなく、助け続けなさい

あなたの中の最良のものを、この世界に与えなさい
たとえそれが十分でなくても
気にすることなく、最良のものをこの世界に与え続けなさい

最後に振り返ると、あなたにもわかるはず、
結局は、全てあなたと内なる神との間のことなのです。
あなたと他の人の間のことであったことは一度もなかったのです。


この言葉には、人がどう思うかではなく
生きるということは自分の心の葛藤であり
自分の心との闘いではないかと感じます。

今日のつれづれ | コメント(3) | 2007/11/01 11:11

お天気と心

お天気が不安定な今日この頃

オゾン層の破壊、紫外線、皮膚癌、日焼け止めといった、
日光のネガティブな面をよく耳にしますが、
朝日を浴びることは、1日を気分よく過ごすために、
大切ですね。

太陽が出ていないと植物と同じように
人間も元気がなくなりますものね。

季節型うつ病というのもその一つで
日照時間が短くなる秋から冬にかけて発病し
春になると回復していきます。

症状としては、気分の落ち込み、疲労感、過眠、過食、
甘いものへの欲求が一般的で、女性が約8割と多く、
平均年齢は、40歳位の方が多いようです。

年齢的にも更年期と間違われやすいようですね。


生体リズムを取り戻す為にも、朝日や人工的な光を
体内に心がけて取り込む必要があります。




b006007020050714210507.jpg

今日のつれづれ | コメント(0) | 2007/08/02 21:44
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。