スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

「流れ」-大天使ガブリエルからのチャネリング・メッセージ

The Flow – Channeled message from Archangel Gabriel
7 January 2010
Channeler: Shelley Young
http://lightworkers.org/channeling/96652/flow-channeled-message-archangel-gabriel

「流れ」-大天使ガブリエルからのチャネリング・メッセージ

流れ・・・流れとは何でしょうか?

ここ最近の会話でのとても熱いトピックです。
あなた方のような悟りを開いた人類に私たちが何を発見したかと言うと、触れてわかる瞬間があるときには喜んで流れの中へ移行しよう、という気持ちです。
悟りを開いた人々は、小康の時期(動きに欠けると感じる時)に、流れに従う能力を失います。
彼らは、小康の時期を休息、解放、エネルギーを吸収するためにデザインされた極めて重要な時として抱擁するよりも、いくつかの理由から、自身を不安の時期へと早く推し進めようとします。
彼らは、小康の時期を素晴らしい、うまく得ることができた休暇の時期と見るよりも、自身を大きな落胆の中へと早く推し進めようとします。
通常、ほんの数日の間に動きが無く、成長が無く、創造が無いことを嘆き悲しみ・・・物事がひどい状態であると感じ、落ち込み、彼らは自分の周りにスピリットを感じられず、概してそれを信じて、とても傷つきます。
これは私たちにとってコミカルで、私たちは愛を持ってあなた方がこれをグルグルしているのを見つめています・・・というのは、私たちはそれが本当は何であるかを見ることが出来るからです。

あなた方に、教室に生徒がいて、生徒たちは突然2-3日間学校がお休みであることを発見する、という推論を提供しようと思います。
生徒たちは新たに見つけた自由の期間に何をするかのプランを立てるために、喜んで教室から走り去っていきます。
私たちは今までに、怠けものと思われるかもしれないと考えたり、数日間勉強が続けられなくなることから何かが完全に間違っているに違いないと考えて、歯ぎしりをしながら教室に居残っている生徒を見たことがありません。また、もし自分たちが去ったら教室は存在しなくなるだろうと恐れる生徒も見たことがありません。
そうではなく、生徒たちはレジャー活動のための時間を今持ったことに喜び溢れています。
私たちは子供たちからたくさん学ぶことができます!

小康の期間は、ハードワークを行ったギフトとして創造されます。それらは進歩の足りなさを表わすものではありません。あなたが望むのであれば進歩と成長は続き、それはただ“シーンの後ろ側”にあるだけです。
そのような時期にはたくさんのことがあるに違いないので、小康の時期はあなた自身に優しく在る時です。それは、ハードワークの後で長い間待ち望んでいた休暇のように抱擁されるべきものです。それはあなたに“今”にフォーカスする機会を与え、何であれあなたに喜びを与えるもの ― 流れの忙しい時期の間にあなたが願った全てのもの ― をもたらします。
小康の時期の間に、人々はしばしば自分自身の新しく得た存在の状態に今はもう合わなくなった低いエネルギーを開放したり変容させます。そして新しいスキルや高次のエネルギーを統合することもあるでしょう。
時にこのプロセスは、さらなる眠りや、たくさんの量の食べ物を必要とします。
時にそれは、彼らが今はもうめったに体験しない、普通でない体や感情の症状を起こします。
しばしば彼らはこれらを体験している時に、不安の狂乱の中へと自分を送りこんでしまい、落胆、怒り、フラストレーションなど、どんな低次の感情もその見にくい頭をもたげてきます。
そして「うわあ、こんなはずはない・・これは全て済んだことだと思ったのに!何か自分が間違っているに違いない!」と言います。そしてこれらの古い感情をどうにかしようとして、それらを抑圧したり、無視することで離れようとリアクションを起こすのです。

彼らは「私は一生懸命にやったから、これは私のものであるはずがない!」と言います。それは正しく、だからそこから去ろうと試みるのです。ですが、彼らはこれをストップしようとし続け、実際には、これが小康の時期を長くし、そう在るべきはずよりももっと心地悪くします。
解放の時に、それらをパレードのように見ることを、私たちはお勧めします。
あ、見て!怒りがある!大きな落胆が流れている!そして・・・見て!ここには不安がある!etc.
それらがあなたの前を過ぎていくのを楽しげに手を振って見て、そして、それらはあなたの場所でのパレードのルートをストップさせないことに気づいてください。

自分が必要とした方法で自身を尊重しようとせず、プロセス全体に対して全力で抵抗したために、通常人々はやつれて疲れ果てており、1度小康の時期から出ると、次の流れの時期の中に自身の恐れを持ち込みます。彼らは、自分は全体的でない、または価値がないと思い、流れの中へと移行する自分の能力についてパニックし始めるのです。
ですから今私たちがみているのは、数週間前まではとてもうまく行っていたのに、今は小康も流れも、両方ともに対して不安に思っている人です。
そのような人々は問題があったらどうしようか、自分が見ることが出来なかったらどうしようか、どうやってそれを避けることが出来るだろうか、と考え始めます!
ほんの少し前に彼らはとても有能に感じていたにもかかわらず、突然、自分のスキルと能力を疑い始めるのです。何と悲しいことでしょう。
子供は予期しない休暇の前に学んだことを忘れてしまうかもしれないと心配しますか?
いいえ、子供は教室に戻ってから、休暇前の続きを始めます。

私たちは、次のことをあなた方にお話ししましょう。
流れの一番上流の水の小滴は、下流に岩があるかもしれないと考えてためらうようなことはしません。
もし岩が大きかったらどうしよう?私は、岩それぞれの右側それとも左側を行くべきだろうか?
そんなふうに考えません。
水の小滴は、流れの勢いがシンプルに必要なところへと運ぶことを知っています。
時には、水の小滴は、自分が川の横の静かな入り江にいることを発見することもあるかもしれません。
私たちは、水の小滴が入江の中にいることにパニックするのを見たことがありません。
正しい時が来たら、自然がそのコースを誘い、雨の到来が水の小滴を入江のエリアの小康から前進して流れる動きへと戻します。
私たちは、あなた方悟りを開いた人類たちがこのようなことを行うのをお勧めします!
あなた方が、小康の時期は偉大な目的に奉仕することを理解して、流れの全体として、動きと静けさの時期の両方を抱擁することをお勧めします。

Mixi 『Arrived Energy On Earth』より転載
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=49477126&comm_id=1730147


光のステージに向けての楽天ブログ『きらきらひかる』はこちらから↓
http://plaza.rakuten.co.jp/ncat0313/


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
スピリチュアルメッセージ | コメント(0) | 2010/01/09 18:33
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。