スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

孤独と向き合う

人は一人でいる時よりも
大勢の中にいるときの方がより孤独を感じるものです。

それは、人とつながりたい、
自分という存在を認めてもらいたいという心の動きが
そうさせているということでしょう。


生まれて最初の繋がりは親と子の繋がりでしょう。

幼い子供が親が自分のそばから見えなくなると
不安になり泣きます。
成長する課程でその対象が親から友達へ友達から恋人へと
変化していきます。

人はどの場面においても少なからず孤独や寂しさを
体験していきます。

人と人とのコミニュケーションがうまくとれないと
その寂しさや孤独は増大していきます。

マザーテレサも
この世の最大の不幸は、貧しさや病ではない。
むしろ、そのことによって見捨てられ、
誰からも自分は必要されていないと感じることです。

孤独である、孤独を感じるということは誰でも一度は
感じたことのある当たり前の感情です。

誰かと繋がりたい、誰かに必要としてほしい・・・
人は一人では生きていけないものです。

ではどうすればいいのでしょう。

その孤独であるという感情から目を背けず向き合う必要があります。
そして、その孤独の原因が何なのか?
見つけて認めてあげる必要があります。


自分自身を見つめる、認めること。
そしてそんな自分を肯定してあげること。

あなた一人が孤独でさびしいのではないのです。
孤独や寂しさは誰もが感じる心のあり方なのです。


2121339104.jpg

スポンサーサイト
幸せさがし | コメント(0) | 2007/04/17 09:54
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。