スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

夏の過ごし方

夏の3ヶ月を「蕃秀」(ばんしゅう)といいます。

この時期は草木が成長し、自然の中の万物も茂り陽気が
最高潮に達する時期でもあります。

この時期は早寝早起きが大切です。

日の出の早い夏は、自然界も、私たちの身体の体内時計も
朝早くから活動を開始しています。

日中は運動して1日1回は汗をかくように心がけましょう。

でも日中の一番暑い時間帯に激しい動きをすることは
避けましょうね。

たくさん身体をつかった後は、体力を消耗しているのも事実です。

休息や睡眠で十分体力を回復させてやってください。



「東洋医学」には「陽中の陰」という言葉があります。

これは、活動の極致には、休息が必要という意味もあります。

また、メンタル面でも発散することを心がけましょう。

もし、この陽気を発散しないと、身体内に「熱」がこもって
病気になりやすくなります。
身体内で陽気が多い場所は、五臓でいう「心」です。
熱の多い「心」にさらに熱がこもって心臓を悪くします。


『夏は南、色は紅色、入りて心に通じ、耳を開き、味は苦、
類は火、心は血を、血は脾を生じ、志にありては喜となす。』



外気の上昇とともに張り切って動き出すのが心臓です。

心臓は血液を配る命令役と同時に体温調節を受け持っているので
夏は多忙なポジションです。

猛暑が続くと心臓はフル稼働で働きます。
働きすぎて体温のバランスが狂いはじめると、
今度は過敏症の小腸がダウンします。たちまち渋滞になり、
便秘になってしまいます。


この便秘、じつは万病の元とも言われています。「
腸で発酵したガスが吸収されて全身に回ると、血液そのものが
汚れてきます。
大腸菌の繁殖によって発生する毒は老化の第一要因とされています。」

 
この「心の陽気」をうまく発散しないと、身体全体は暑く感じ始めます。

そして、冷房や冷飲を欲するようになります。
このように外側からも内側からも身体を冷やしていると、
エネルギーの入れ替えができず、これを夏の間中続けると必ずといって
いいほど、下痢をします。


夏に陽気を発散していないと熱が胸にこもってしまいます。
すると、秋になって肺がよく働く時期になると、肺の熱により乾燥されて、
痰の少ない乾いた咳が出る事が多いでしょう。

『心』に熱をためない事が夏の養生の秘訣です。



2119468419.jpg

スポンサーサイト
幸せさがし | コメント(0) | 2007/06/06 14:47
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。