スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

恐れの6つの形

 
 恐れの感情には、6つの形があるといわれています。

 ○批判

  何事に対しても、誰に対しても批判し、レッテルを貼りたがる。
  批判は、人と人との繋がりを切ってしまいます。

  自分が理解できない状況に置かれた時、人はいろいろと
  憶測を始めますが、その憶測というのは、実は単なる
  思い込みであることが多いようです。

  その思い込みによって生まれる批判の気持ちは、物事の
  本当の姿を覆い隠してしまいます。



 ○不安

  不安は、特に消し去るのが難しい恐れの感情の形です。

  あなたの身体の中に入り込んだ恐れの感情は、
  あなた自身を凍りつかせ、そして固い殻の中に
  閉じ込めようとします。

  それを放置しておくと、不安が生まれてきます。

  過去にあった出来事を思い出したり、将来のことを考えたり
  する時、この不安は起こりがちになります。


 ○無関心

  何事に対しても、何も感じない状態ですが、
  ここは勘違いしやすいところなのですが、何にも動じない心と
  何も感じない心は違います。


  夢や希望、祈りの言葉や願いなど、そういったものにまで
  無関心になってはいけないということです。

  宇宙や森羅万象は全て繋がっていて伝わっていきます。

  そこにあなたが投げたものがあなたに返ってきます。
  (引き寄せの法則ですね)

  あなたが神様に無関心でいると、神様もあなたという存在に
  無関心になってしまいます。



 ○優柔不断

  恐れの感情がこの形をとる時、多くの選択肢に目移りし始めて
  そして、大切な心の声が聞こえなくなってしまいます。

  今、自分に何が必要なのかどうするべきなのかといった事
  それを見極める余裕とか落ち着きがなくなってきて
  しまいます。

  「○○だったらどうしよう。」「○○でなかったらどうしよう。」
  こんな風に、まだ起きていないことに関する心配。

  これが優柔不断を生み出すということを覚えておくと良いです。



 ○完璧主義

  生き方を縛り付けてしまうほどの力を持っています。
  完璧さに固執しすぎると、周囲からどんどん遠ざかって
  しまいます。

  さらには、批判のなかでも最悪の形である「自己批判」が
  ここから生まれてくることもあります。



 ○混乱

  生きていくうえで、混乱はつきものといっても過言では
  ありません。

  混乱の元になるものは、だいたいが「疑問」になります。

  疑問が疑問を呼び、それが混乱へと広がっていきます。
  この疑問は、理解したいという疑問ではなく、批判を含んだ
  疑問のことなのですが。

  そんな疑問ばかりでは、答えを見つけることが出来なくなって
  しまいます。


  これらは全て同じエネルギーから生み出されたものです。
  コントロールを間違えないようにしましょうね。


10010801737.jpg

スポンサーサイト
幸せさがし | コメント(0) | 2007/10/22 22:22
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。